FC2ブログ
長崎県リハビリテーション支援センター【活動報告】
長崎県リハビリテーション支援センターの活動報告ブログです。研修会の内容など、活動内容をお伝えしていきます。
平成23年度第1回 長崎県地域リハビリテーション支援体制推進研修会
日 時:平成23年7月16日
会 場:諫早市健康福祉センター
参加者:75名

研修会風景3
当初50名程の参加予定でしたが、当日は予定を大きく超える75名の参加がありました。

【プログラム】
開会式 13:30~13:40
  開会挨拶 長崎県リハビリテーション支援センター代表 松坂 誠應
 
①基調報告 13:40~14:00
  テーマ『長崎県の認知症支援体制の現状』
  報告 長崎県長寿社会課在宅福祉班主任技師 作業療法士 岩永 弘人氏
  司会 長崎県上対馬病院理学療法士 井川 吉徳 

②話題提供 14:00~15:00(各30分以内)
  テーマ『認知症支援体制構築等推進事業の紹介と今後の展望(仮題)』
  報告 島原市地域包括支援センター所長(主任ケアマネージャー・看護師) 辻 敏子氏
     佐々町住民福祉課地域包括支援センター係長(保健師) 江田 佳子氏

           休憩 15:00~15:10

③指定発言 15:10~15:30 (各10分)
  テーマ『認知症支援体制確立に向けて地域リハ広域支援センターの立場からの取り組み』
  発言者 県南地域リハビリテーション広域支援センター理学療法士 高柳 公司氏
      五島地域リハビリテーション広域支援センター作業療法士 栗明 正実氏 

④総合ディスカッション 15:30~16:20
  テーマ『認知症支援体制確立に向けて ~連携・協働・啓発~』

閉会16:20~
     
講師4名2

総合ディスカッションでは認知症支援体制に関して様々なテーマで意見交換が行われていました。
左から辻敏子氏、江田桂子氏、高柳公司氏、栗明正実氏。

質問12

質問33

会場からも多くの質問、意見などいただき活発な討論が行われました。
スポンサーサイト